工業男子ユーさんの進捗報告

工業に関するメモのようなもの 中学生でも分かるような内容を心がけています。コメントなど遠慮せずどぞ。

RaspberryPi再開

最近お金に余裕ができたのでRaspberryPi3を買うことにしました。
ただ、一台だけ買うのは何か面白くない…とのことで4台買いました。
今はまだOSの設定(過去記事参照)に時間がかかっていますので、まだ本格的には開発を行えない状態です
一応予告という感じで今回この場で今後の計画を言います

・4台でクラスタリングを行う
・それぞれ別の役割を持たせてWebサーバーにして実際に運用してみる
・データベースなどを勉強してAndroidのアプリとデータをやり取りできるようにする

今はこんな感じで考えています。
とにかくセキュリティに重点を置いて進めますので遅くなるかもしれません。
また深夜に更新しますノシ

部屋を模様替えしてみた

最近色々とお金がたまってきたので部屋の家具を購入して作業効率を上げようと試みました。

 

購入したものは次の通り

・モニター(32インチ)

Amazon CAPTCHA

・デスク

Amazon CAPTCHA

・ゲーミングチェア

www.amazon.co.jp

・コルクボード

(ホームセンターで購入)

・画鋲

etc...

 

とりあえず理想としては、

・ソフトとハードで作業スペースを分ける

・片付けがしやすい

・機能性を上げる

・負担が少ない(金銭的にも身体的にも)

の4つをクリアするように考えました。

そして完成したのがこちら

f:id:systemyusan:20160925022403j:plain

まず、ソフト作業場

新しく買ったデスクは意外と広いのでマルチモニタに最適です。

ただ、左のモニターが少し見づらいので縦モニターにした方がよさそうです。

後日モニターアームを買おうと思っています。

f:id:systemyusan:20160925022407j:plain

こちらのデスクはラックにパソコンが置けるのでスペースに無駄がありません。

私の使っているフルタワーPCでも工夫すれば置くことができます

f:id:systemyusan:20160925023117j:plain

次にハード作業場

コルクボードに画鋲をつけ、そこに工具類などを掛けます

f:id:systemyusan:20160925022409j:plain

借りている部屋ですので、壁に穴をあけないように、すのこを壁とデスクにたてかけ、その上にコルクボードを置いています。

f:id:systemyusan:20160925022829j:plain

 

これで色々とはかどるといいですねぇ・・・

新生活に向けた準備

はい、こんにちは久しぶりの更新となります。

4月から大学に通うことになるのですが、ひとり暮らしをしないといけないのです。

今はまだ実家でお掃除やら引っ越しの準備やらで忙しいのです。

そんで、汚い部屋をお掃除してると、DD3種の合格通知書が見つかって、そういや申請してなかったなぁと思って読んでたら申請期限が去年の9月でした
見なかったことにしてそっとシュレッダーに^^;

 

なんで申請してなかったのだろうか・・・

色々手続きをすると申請できるっぽいが、めんどくさい。

まぁいいやと思いつつ部屋を掃除してると専門書がいっぱい出てくるのである。

ほとんど自己満足にしかならなかったものばかり

大学生になったら空いた時間読もうかな・・・

 

 

【Raspberry Pi】OpenCV3のインストールその2

systemyusan.hatenablog.com

以前OpenCVのインストール方法を記事にして約30日たちました

 

なんで更新してないの?って思っていた方はすみません。

言い訳をすると

えっと・・・RaspberryPiが壊れてしまい、やる気が失せました。

はい、ってことで簡単に説明

以前の記事にあるように英語のURLを貼っています

そこを見れば大体できます

 

付け加えるなら、最後「$ make -j4」コマンドでOpenCVをインストールします。

そこで途中でエラーが発生することがあります。

そのときはまた「$ make -j4」を打って実行してください。

最終的にできると思います。

 

またRaspberryPiを新しく購入して気が向いたらその辺の記事を作ろうと思っています。

windowsの初期化、リカバリ

ウイルスが入って動作が異常なとき

windowsを初期化したい!・・・と思っていたけどリカバリディスクがない!

そうなるとOSを新しく買わなければなりません

しかし、windows10を無償アップグレードできる7や8.1などは初期化することが一応可能です。

まず初めにwindows10へアップグレード

次にホームボタンから設定を開きます

「更新とセキュリティ」を選択

「回復」タブを開くと

「このPCを初期状態に戻す」があります

そこからお好きに初期方法を選び、開始すると初期化できます

 

私は少し前に親にパソコンをいじられ、ウイルスが入り、セキュリティソフトを使いましたがウイルスを見つけることができず、諦めていました。

この方法でウイルスも消え、問題なくに使えます

 

人工知能 人間に近いロボット

ふと、人工知能について考えてみました。

人間の仕事を代わりにやってくれるロボット・・・そういうものが普及すれば生活が楽になりますね。

 

人工知能の基本となるのが遺伝的アルゴリズム

 

ちらっとwikiを見て概要しか読んでないけど自分なりに考えてみた

例とするのは農作業をしてくれるロボット

 

・ロボットにひとつの目標を与える

 →農作物を育てる

 →農作物を収穫

 

・大まかな学習

 →作物の育てる時期、環境、土の種類、水やりetc...

 

・大まかな学習で得たことを上流記憶としておく。上流記憶は人間でいう本能的なもの

(上流記憶という言葉存在しないけど自分でつくっちゃいました。元ネタは上流工程)

 

・大まかな学習が済んだところで、ロボットに実際に行わせる。

 →作業を行う中で、天候、気温、湿度などの記録を時間軸のグラフで記録を取る

 →収穫時期になると、収穫量も記録

 

取った記録を元に農作業の流れを完成させる

ここまでは普通の流れ

 

遺伝的アルゴリズムを用いるために交叉が必要となる

交叉(こうさ)とは人間でいう交配、優位な遺伝子を残すための行動ですね

交叉を行うために複数の個体が必要になります。

すなわち、ロボットを複数作り、今までの作業をデータに入れる。

このデータは中流記憶として、人間で言う本能を自分なりに工夫したものです。

 

・環境が違わない複数の場所を与え、ロボットはそこでそれぞれ作業を行う。

 

・この作業を行う中で、突然変異を起こさせる。

 →水やりの量を変える、土の種類を変えるなど・・・

 

一年を通して収穫量、収穫できたものの味などをデータとして取り、需要に合った交叉を行う。環境、収穫量などのデータは下流記憶とする。

例:味がいいもの同士で交叉

  収穫量の多いもの同士で交叉

 

これを続けることによって個性のある作物の栽培ができる。

 

環境データを元に対策をするようにしたり、病気の予防を行ったりするとさらに効率よくなる。また、世界各地で栽培できるようになる。

 

書いている内に意味がわからなくなってきた・・・

まぁこんな感じで農作業ロボットができると自分なりに考えてみました。

実際はもっと複雑でしょうけど・・・w

遺伝的アルゴリズム人工知能、ロボットなども勉強していきたいですね。

【Raspberry Pi】OpenCV3のインストールその1

RaspberryPiではOSによって元々開発環境などがありますが、映像や画像を処理するならOpenCVというものが必要になります。

参考にするサイトはこちら

www.pyimagesearch.com

 

英語表記ですがなんとなくでやっていきたいと思います。

まず、ダウンロードするバージョンは2015年6月頃にリリースされたOpenCV3.0です。

1.ラズベリーパイの更新

まず、ラズベリーパイの更新

【sudo】

・管理者権限で実行

【apt-get】

・パッケージの入手

  【sudo apt-get】

   ・管理者権限でパッケージを入手

【rpi-update】

・RaspberryPiのアップデートをする

 

 
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo rpi-update

 

こちらのサイトに書いてあるようにこまめにこのコマンドを打ったほうがいいと思われます。

Raspberry Pi たまにはrpi-updateもしてみてね

mynotebook.h2np.net

一応アップデート後に再起動したほうが良さそうなので再起動します。

再起動もコマンドで実行しちゃいましょう

 

reboot

再起動するコマンド。sudoの後につけることで管理者権限で実行

 

 
$ sudo reboot

2.OpenCVを入手する前の準備 

 

OpenCVを構築するための開発者向けツールの入手

$ sudo apt-get install build-essential git cmake pkg-config

 

画像形式をロードするときに使用するパッケージの入手

 $ sudo apt-get install libjpeg-dev libtiff5-dev libjasper-dev libpng12-dev
 
$ sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev
$ sudo apt-get install libxvidcore-dev libx264-dev

 

OpenCVGUIを操作するGTKのインストール

 
$ sudo apt-get install libgtk2.0-dev

演算などを行う機能を最適化するパッケージも入手

 
$ sudo apt-get install libatlas-base-dev gfortran

 Pythonのヘッダファイルを入れます

 

 
$ sudo apt-get install python2.7-dev python3-dev

 

以上で前準備は完了です。