読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工業男子ユーさんの進捗報告

工業に関するメモのようなもの 中学生でも分かるような内容を心がけています。コメントなど遠慮せずどぞ。

基礎理論① 離散数学 1,基数

情報処理技術者試験

基数とは、数を表すときに、桁上がりの基準になる数です。

今、日常で扱っている一桁の数字は

0、1,2,3,4,5,6,7,8,9

の10種類です

これを10進数といい、基数が10です。

では、他にどのような数字があるのでしょうか?

 

まず、基本的なものが2進数です。

一桁の数字は

0、1

の2種類です。

2進数で、基数が2です。

 

次に8進数。

一桁の数字は

0,1,2,3,4,5,6,7

の8種類

8進数で、基数が8です。

 

そして最後に16進数

一桁の数字は

0,1,2,3,4,5、6,7,8,9、A、B,C,D,E,F

の16種類

16進数で基数が16です。

 

なんとなく法則が分かりましたか?

基数が10を超えると、アルファベットが出てきます。

今は、10進数はもちろん、2進数、16進数はよく使われます。

私もプログラムなどで扱ったことがあります

(8進数は扱ったことありません。現在あまり使われていない模様です)

 

桁上がりに関して、

10進数は9を超えると

9、10、11、12・・・18,19、20・・・

8進数は7を超えると

7,10,11,12・・・16,17,20・・・

2進数は1を超えると

0,1,10,11,100,101、110,111・・・

16進数はFを超えると

E,F,10,12,13・・・1D、1E,1F,20・・・

となります。